2019年08月13日

『葉桜の季節に君を想うということ』の本音のブックレビューをご紹介!6

『葉桜の季節に君を想うということ』を購入した方の
評価を掲載します。


(40代・女性)
「ロマンチックで美しいタイトルであるが、
先入観を持って読み始めたら痛い目に合う。

おおかた最初の一ページ目を開いて
多くの読者は驚愕するであろう。

まさに鶏肉だと思ったら
カエル肉だったという意味がわかるはずである。

いや、もちろんタイトルにきちんとした意味はあるし、
最後の最後でこのタイトルの意味が解明されるため
合点はつく。」


『葉桜の季節に君を想うということ』を購入した方の
評価をしっかりチェックしてから注文して下さいね。

















posted by たいぼう at 19:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする